031

【募集終了】「氷見ローカルライト」~氷見の物語を編む4日間~by カブス


【募集は終了しました。ありがとうございました。】
\氷見の海からはじまるWebマガジン『カブス』で4日間のライティングスクールを行います/
2016年3月19日(土)~22日(火)

「氷見ローカルライトって…?」

2016年1月から始動した、海からはじまるWebマガジン『カブス』。
現在、氷見に暮らすライターや氷見を訪れるゲストによるコラムを毎週掲載していますが、今回、地域外の人の目線も交えながら、もっともっと氷見の海に関するさまざまなものをお届けしたいと思い、ライティングスクールと氷見に暮らす人々との交流と実践取材を通じて“氷見を舞台に地域の物語を照らすように書き綴る”、4日間のプログラムを開催します!

 

 

ローカルライトとは

「ローカルライト」は、食と地域を耕す編集者・プランニングディレクターの磯木淳寛さんが主催している、地域の物語を見つけ、明かりを灯すように書き綴る「ライター・イン・レジデンス」プログラム。「ライター志望者や発信力を身につけたい人を対象とした合宿スタイルの実践講座」形式で全国で開催しています。
※「ライター・イン・レジデンス」とは一定期間ライターに滞在場所を提供し、その創作活動を支援するプログラムのこと。

 

氷見ローカルライトではこんなことをやります

ライターを志す方、特に地域の魅力を伝えることが上手になりたい方を募ります。
氷見ローカルライトでは、「地方の魅力を届ける」文章を書くプロの講師の方をお呼びし、3泊4日の間で、ライティング講座と実践指導(取材・執筆・添削)を行います。滞在は、氷見漁港隣の魚々座と氷見の海をそばに感じられる場所です。

090

氷見ローカルライトを通して、氷見で海関連の仕事や海につながった暮らしをしている人と実際に会い取材するという体験をすることになります。また、個人の体験として地域で暮らし、働く人の実際を知るだけではなく、『カブス』というWebマガジンにコラム原稿が掲載されることは書き手としての経験値の向上と実績にもなります。もちろん講座と実践指導付きなので書き手としてスキルアップしたい人もぜひご参加ください。参加者同士、氷見で活動するさまざまな人との繋がりが今後の財産となることもあるはずです。

 

こんなかたが対象です

・地方に魅力を感じていて、それを発信したい人
・地方で仕事をつくるためのヒントを得たい人
・書くことを仕事にしたい学生・社会人
・よい言葉でよい未来をつくりたい人
・編集者やライターという仕事に興味のある人
※文章をこれまでにほとんど書いたことがない人には、少し難しい内容かもしれません。

加えて、\氷見の海や、海を感じる暮らしが好きだという方は大歓迎です!/

 

講師紹介

図1

 

磯木淳寛さん
食と地域を耕す編集者・プランニングディレクター。東京・高円寺から海と山を求めて千葉県いすみ市へ移住。自然と共生する価値感と地域暮らしの可能性をテーマに取材・執筆・企画などをおこなっています。ライター・イン・レジデンス『ローカルライト-“地方で書いて暮らす”を学ぶ4日間-』主宰。
http://isokiatsuhiro.com/

 

 

簡単な流れ

<講座>(場所:魚々座)
◇ 1日目 :
・チェックイン
・氷見の町の紹介
・氷見の海を見るプチツアー
・webマガジン『カブス』の成り立ち
・講座「地域を発信するということ」
・講座「なにを考えて取材する?書く?」
・WS「文章ワークショップ」

<執筆指導>(場所:氷見市内各所・魚々座)
◇ 2日目 :
・インタビュー実践
・WS「知るワークショップ」
・実習「書き分けとバランス」
・WS「自由な思考の方法」

◇ 3日目 :
・講座:「取材前にすること」
・氷見市に住むかたへの取材/執筆
・取材の振り返り
・執筆

◇ 4日目 :
・執筆
・講座:「メディアリテラシー」
・4日間の振り返り

※上記はあくまでも一例の抜粋であり、内容はフレキシブルに変化します。

期間中に取材の仕方を学び、氷見市に住むかたへの取材と執筆後、実際に掲載となります。(もちろん内容次第です!) ※取材先はカブス編集室がアレンジいたします。

◆氷見の海からはじまるWebマガジン『カブス』に記事がアップされます! 2016年1月にリリースした、氷見の海に関するアクションをテーマにしたWebマガジンに記事が載ります!

images
http://kabusu.net/

 

◆さらに、希望者は月間約30万人の読者がいるwebマガジン『greenz.jp』にも寄稿者としてチャレンジできます。

ダウンロード

 

 

http://greenz.jp/
※原稿の校正や掲載についての判断は全てgreenz.jpがおこないます。


 

開催概要

【日時】 2016年3月19日(土)~22日(火)
集合 3/19(土)13:00頃
解散 3/22(火)13:00頃
※詳細は参加決定後のメールにてご連絡します。

【会場】 富山県氷見市 ひみ漁業交流館 魚々座 他
※最寄駅はJR氷見線氷見駅、バスで10分

himi_05

 

【参加費】 17000円
※別途、光熱消耗品費8000円

 

【定員】 4名
※お申し込み多数の場合は、お申込内容から選考いたします。

【持ち物】
・ノート、筆記用具、パソコン
・影響を受けた本と好きな雑誌1~2冊
・その他宿泊用品(洗面用具、着替え、タオルetc)など
※wifiあり。洗濯機使用不可。
※トイレとお風呂と台所は共同。近くに温泉施設もあります(600円)。

【お申込み】
▼上記の項目本文に記載し、下記お問い合わせフォームよりお送りください。
お問合せフォーム

1.氏名(フリガナ) ※
2.性別
3.年齢
4.電話番号 ※
5.メールアドレス ※
6.ご自身のFacebookURL (https://www.facebook.com/●●●●)
7.お住まいの市区町村
8.仕事・普段していること
9.お申込みの動機
10.あなたが文章を書きたい理由 ※500字前後で書いてください。
11.具体的に身につけたいことや得たいこと
12.webマガジン『カブス』に寄稿・掲載したいですか?
13.webマガジン『greenz.jp』に寄稿・掲載したいですか?

 

【申込〆切】
2016年2月19日(金)23:59まで
※申し込み多数の場合、参加の可否は2/21中に決定してご連絡いたします。

【免責事項】
・近隣住民への迷惑になる行為および、ほかの建物や器物損壊、その他ご滞在頂くことが不適と判断させて頂いた場合には、期間中でも、滞在を終了とさせていただきます。また、器物損壊があった場合には実費をお支払い頂きます。
・現地までの交通費や食事等、滞在中にかかる費用は各自でのご負担となります。
・滞在中の様子は、カブスおよびローカルライトのホームページやfacebookページ、今後のレポートなどに掲載されることを予めご了承ください。


遠くにお住まいの方も、近くにお住まい(もちろん氷見の方)も!

ぜひご応募お待ちしております!