001_2

氷見海中映像アーカイブvol.3 「氷見の海の不思議な生き物」


今回取り上げるのは少し変わった海の生き物です。魚みたいに顔も尻尾もないけれど、なんだか生き生きしている様子が感じられることと思います。名前は知っているけど普段はどんな動きをしているのか想像したこともない、そんな海底の生き物達の日常をご紹介します。

この記事は2015年9月23日に魚々座で開催された「氷見海中映像アーカイブ報告会」のイベントレポートvol.3です。

イベントレポートvo.1はこちらから。

イベントレポートvo.2はこちらから。

これは東京海洋大学の「素潜りサークル」の皆さんとの共同企画です。シルバーウィークの期間中に氷見の海の中を記録しその面白さを共有しようという目的で氷見市小杉、泊の海岸、果ては定置網の中に潜って映像を撮影してきました。今回はそのイベントの様子と実際に撮影した記録を交えながら、氷見の海の底の面白さをお伝えしたいと思います。


 

かまいしさむねいる_01-01釜石:ここからは海の生き物パート2です。今度はちょっと食べることはできないかなぁ〜っていう生き物達をご紹介しますよ。

 

 

いちかわさむね_01市川:この海底は砂地がずーっとひろがってるところでした。そこにちょこっとイソギンチャクがいたので、撮ってみました。ほんとに砂地しかないところだったのでヒラメなどを探していたのですが、こういうの見つけるとすごく嬉しいんですよね。見つけられたっていう感動があります。

 

002

釜石:イソギンチャンクがゆらゆらしてるのは、波でこうなってるんですか?

市川:そうですね。この日は多少海のなかでも流れがあったんで、ああいうふうに、こしょこしょってなってます。

釜石:海底にも流れがあるんですね〜

市川:今度はなんのへんてつもないヒトデです。最初はきれいだなと思って撮っていたら、意外にはやく動くヒトデで…。この動きをちょっとでも見てもらいたいです。

釜石:これは…早回ししてないですよね?それでこのスピードなんですか?

003

市川:うん、早いんです。どんどんどんどん移動して。

釜石:ヒトデは波の流れと関係なく自分の行きたいところに移動してる様に見えるのですが…

市川:そうですね。私がちょっと触っていじめたあとに、彼は、いや彼女か彼かはわかんないですけど、必死で逃げてるっていう映像です。砂に足あとがついてますね。足あとを残しながら移動しています。

釜石:ヒトデの足跡、いいですねぇ!めちゃいい画をとれましたね。

市川:あんまりこういうこと言ってはいけないと思うんですけど、わたしけっこうなんでも触るんで、ちょっと試しに触ってみて、感触を確かめてみてます。

釜石:ヒトデは柔らかいんですか、かたいんですか?

市川:けっこう硬いですね。

釜石:へぇ〜。

市川:次もこの赤っぽいのをとる…と思いきや、その先にまた、私が好きなイソギンチャクがいたので、それをちょっと撮りにいってみました。実はさっきのイソギンチャクもさわろうと思ったんですけど、息継ぎするのに水面にあがってる間に、海が濁って二度と見つけられなくて、ショックをうけてたところに、また違うタイプが見つかったんで、こんな感じで触ってみました。

004

会場:おお〜!

釜石:あ、みなさん反応してくれましたね。あれ?イソギンチャクって触っても大丈夫なんですか?さわってますけど。

市川:ええ。人間は大丈夫だと思います。魚とかはやっぱり、微量の毒というか、あるんで、接触するのはよくないんですけど、まぁ基本的には触らないほうが、よろしいかと。

市川:これは、アンドンクラゲというクラゲがいっぱいいたので、ちょっとこの泳ぎを見てもらいたくてどうにかこうにか撮っている映像ですね。

005

釜石:ああ〜見えますね!

市川:どうですかね。この日はちょっと濁ってたんで、ラッキーなことに、撮ることができました。次のは映像は一日目のものなんですが…心の目で見てもらえたら数百匹くらいのアンドンクラゲが見えるはずなんです。これ必死に撮ってるんですがうつらなくて…本当はクラゲがうじゃうじゃといるんですよ!

006釜石:いやいや、うそでしょ笑

市川:本当にクラゲがうじゃうじゃいたんですけど、海がきれいすぎて、まったく映ってないんです。

釜石:本当にいるんですか〜?市川さんの眼には、映っていたと。

市川:そうなんです。

釜石:今、クラゲはうじゃうじゃ映っているはずだ、と。

市川:そうなんです!

釜石:へぇ!まぁ…そういうことにしときましょう。

市川:今度のクラゲです。これは映像は定置の近くで撮影したものです。このもやもやと映っているやつがクラゲです。

釜石:あ、かわいい。

007

市川:まるで自分がゼリーのなかにいるような感覚です。クラゲが、そこかしこにうじゃうじゃいます。これは刺すクラゲではないので、さわってもぜんぜん大丈夫な種類ですね。このときは視界がもやもやするくらい、ものすごい数がいました。

釜石:う〜ん、すごいですね。会場のみなさんは見えますか?…あ、なんとなく見えるみたいですね。

市川:あ、この映像でちょっとフィンが映るときがあると思うんですけど、

008

 

釜石:うわぁ!

市川:ああいう感じで、すごくいました。

釜石:これ、刺さないんですよね?

市川:うん、刺さないですね、これは。けっこう身近にいるクラゲだと私は勝手に思っていますね。ときおり、発光するクラゲです。

釜石:光ってるから映ってるのかもしれないですね…。映像をお見せするのはこれくらいにして、会場の皆さんから何か質問などありますか?

来場者:エチゼンクラゲがよくここにきとったんだけど、あんながおらんだがけ

市川:あ、エチゼンクラゲですか…。私達が潜ったときにはいなかったです。

来場者:これちゃみんな小杉の海岸あたりでとったがけ

釜石:そうですね、いまの映像は、薮田・小杉・泊などです。

市川:昨日、能登半島のなぎさドライブウェイって砂浜を走れるところへ行ったんですけど、そこではエチゼンクラゲかなっていうのが、うちあがってましたよ。

釜石:ありがとうございました。次は生き物があんまり映ってないシブい映像なんですが、面白いと思いますよ。イソップあたりの海岸からエントリーしてもらいました。これまでお見せしてきた映像もその辺りの映像ですね。今度はその辺の海底の様子を、がっつりご覧いただきながら、いろんなことを話していこうかなと思います。


次回へつづきます