373

昔から伝わる技術が、これからを生きるヒントになる!? 木造和船の船大工・番匠光昭さんに聞く、伝統や技術を伝える本当の意味。


こちらの記事は、2016年3月19日(土)~22日(火)に、魚々座を中心とした街の中で行いました「氷見ローカルライト~氷見の物語を編む4日間~」で参加者によって書かれたコラム記事です。
※ライター紹介は記事最後にあります。

 

あなたはもし、あなたの大好きなものが100年後に忘れ去られているとしたら、どう感じるでしょうか?時代を超えて愛され続けてほしいとは思いませんか?
全国的に珍しく、富山県でほぼひとりの木造和船の職人である番匠光昭さんは、家業でもある和船の伝統を後世に残すため、実際に和船を造ったり、詳しい内容を書いた冊子の作成に協力されたりしています。そんな積極的な活動が実を結び、伝統・文化を記録するための体制は整いました。しかしまだ、和船職人としての技術は伝えきれていないという課題があります。
昔から伝わってきた技術を知り学ぶことは、時代を越え、便利になりすぎた世の中で生きるヒントを与えてくれるかもしれません。
番匠さんに、木造和船の伝統と技術、そして、これからを生きる人に送るメッセージをお聞きしました。

漁業の町・氷見市と、船大工の番匠さん

ここは富山県の氷見市。海と山に恵まれたこの地域では、越中式定置網の発祥の地といわれ、漁業が主な産業として発展しています。今回ご紹介する番匠光昭さんも、漁業に関わるそのひとり。
栃木県出身の番匠さんは幼少の時、船大工を営む家の家業を絶やさないよう、養子として富山県に移り住みます。船が好きだったわけではない番匠さんは、嫌々ながら家業を継ぐことに。父親から和船の技術を学ぶこと7年、番匠さんに転機が訪れます。
それは船の作りの主流が木造和船から、現在よく目にする、木造より軽量化・耐久性・形状の自由度・防錆性のすべての要素で高い性能を兼ね備えた、FRPの船へと移行していったこと。「父ともけんかばかりしていたし、新しいものを追った」と話す番匠さんは、それを期に実家の家業を離れ、福井県のFRPを作る造船所で働きます。そこでは最新の技術を学びながら、結婚などの良縁にも恵まれ、3年の日々を過ごしました。

223〔番匠光昭さん。右に置かれているのが木造和船の模型〕

しかし時代はオイルショックなどの不況の真っ只中。務めていた造船所も経営の危機を迎え、番匠さんに氷見に帰る選択肢を作りました。実家からの帰って来てほしいといった声もあり、一度は飛び出した氷見の町へまた帰ることに。しかし父とのそりが合わなかったため、家業を継ぐのではなく、自分で新しい造船所を作ります。
番匠さんの仕事ぶりは、福井で学んだ氷見にはまだなかった最新技術を駆使しており、注目を集めていきました。しかし、氷見に戻った4年後、番匠さんのお父さんが他界。家業を営む人がいなくなるため、番匠さんが番匠FRP造船の3代目として仕事をすることになりました。
そのころは家族を養うため、その時代に合ったFRPの船を作っていましたが、年を重ねるごとに、「昔の木造和船の方が職人として腕が鳴っていたな。」と、物足りなさを感じるようになりました。

木造和船を忘れないで

そんなもどかしい日々を送る中、ある出会いが番匠さんの木造和船の思いに火をつけます。それは、博物館の学芸員から持ちかけられた、詳しい伝統や文化を記録した冊子を作成する活動です。番匠さん自身も、周りを見れば和船を造っている職人が少なくなったことや、最盛期の頃に造っていた船大工の先輩が90歳ぐらいになっていることから、このままでは伝統が継承されないのではと危惧していました。そして、そう感じていた番匠さんは、学芸員と共に「和船建造技術を後世に伝える会」を設立し、冊子の作成を行います。

354

〔番匠さんの関わる「和船建造技術を後世に伝える会」が作成した冊子。〕

その後も、アートを通して見た氷見を映像で表現する“氷見クリック”というイベントを開催していた団体(現在のアートNPOヒミング)からも、和船を使ったプロジェクトの協力依頼があり、実際に和船の制作を行いました。和船造りから少し遠のいていた番匠さんですが、いつかまた木造和船を造りたいと思い、和船の道具の手入れを続けていたとおっしゃいます。そして、そのプロジェクトが立ち上がった2年後の2008年から、念願だった木造和船の制作を開始し、1艘の制作に6ヶ月ほどかかるものを、それから現在までの9年間、毎年1、2艘造り続けておられるというから驚きです。

304

〔30年ぶりに作った木造和船。〕

689

〔魚々座に展示してある番匠さんの造られた和船。魚々座では展示物に触れることができる。写真は子どもたちが実際に和船に乗って遊んでいる様子。〕

そんな活動を続けてこられた番匠さんは、和船の文化や伝統を残す資料は、もうほとんど完成したのではと話されます。「では技術は?」と質問すると、渋い顔で「職人を育てるのは難しい。」とおっしゃいました。
番匠さんのように職人に学業など必要ないという考えの元、若いころから頭を叩かれながら長い時間をかけて学べば、一から百まで体に技術が染み付きます。しかし、インターネットで検索すればなんでも答えが分かる現代では、職人の技術を真剣に学ばなかったり、様々な知識を持った人が職人仕事に口を挟んだりと、番匠さん自身が師匠である父親から学んだ時代とは、また違った師弟関係になるとおっしゃいます。
さらに、技術が身に付き職人になれたからといって、生活していけるだけの仕事が取れる保証がないのも事実なのです。

技術は時代を越え、新しい形に変化する

「だからこそ、記録に専念するしかない」現実を受け入れてそう話される番匠さんですが、その姿は少し寂しそうに見えました。しかし、昔とは違う師弟関係も、見方を変えれば違ってくると番匠さんは続けます。「船大工の技術を学んだことで、和船職人にならなくても、私たちが守ってきた和船の技術がなんらかの形で次の時代の役に立ってくれればいい。」
その例えとして、番匠さんは宇宙の話をしてくださいました。宇宙にある、太陽光エネルギーを得るための人工衛生は、帆を広げたような形になっています。それは昔から伝わる船の帆を張る技術が応用されたもので、昔の技術が時代を超えて最先端の宇宙で活躍しているのだそう。
「昔は、職人は誰でも自分の技術が一番だと思っているから、絶対外には出さなかった。でも、今はもうこれでこの技術は消えてしまうと思うから、インターネットであろうが何であろうがさらけ出してしまう。」そして、それでいろんな人に興味を持ってもらえたら嬉しい、そう話されていました。

327

〔笑顔がすてきな番匠さん。話される姿もイキイキとしていて、70歳とは思えないほどパワフルです。〕

番匠さんはいつも木造和船を造るとき、仕上がったことを想像しながら制作されるそう。「これができあがったら、みんなも喜ぶだろうな。良い船に仕上がってほしいな」と。大きい船になると制作期間は6ヶ月にも及び、体力勝負の作業は辛いときもあるのだとか。それでも、良い汗をかいたら美味しいお酒が飲めるぞ!と思って作業をされるとおっしゃっていました。
また、イベントで和船を活用してもらう時、木造和船を知らない子どもたちが実際に船にのって走り回ったり、親が木造和船と子どもの写真を撮ったりしているのを見ると、本当に嬉しく感じるのだそう。それは、職人として働いているだけでは得ることのできない達成感なのかもしれません。

373

〔番匠さんの造った和船は、我が子のように可愛く、完成し手元を離れる時は娘を嫁に出したときぐらい感慨深いそう。〕

なぜ今、木造和船なのか

時代が進みすぎて弊害が起こり、地方で人口が減ったり、商店がシャッター街になったりしている今、地方のみんなが元気になることを考えていかなければならないと話す番匠さん。それはまず「職人が元気になること」だとおっしゃいます。
「職人が元気になれば地域が元気になり、地域が元気になれば日本全体が元気になる。今そういったことを見直すタイミングなのではないか。」そうおっしゃる番匠さん自身、誰よりも活発に木造和船の活動をされていて、お話を聞いていると、こちらまで元気をもらい、何か動き出したくなるような気にさせられます。

また、番匠さんの活動には、記録を残すことで昔の生活を知ることができ、昔の生活を知ることで“じゃあ私たちは、これからどうしていくのか”という、これからを生きる人へ疑問を投げかける意味も含まれています。
そして、その答えのヒントは、もしかしたら昔の生活の中にあるのかもしれません。
和船職人は、船の材料である木を得るために山を守り、山から溢れる水が川を伝って海に流れ、和船を使って漁師が海で魚を獲ります。そしてまた、和船職人が海を考え山に入ります。そんな自然に寄り添い、循環の中にあった昔の生活を、大量生産・大量消費の便利になりすぎた今の時代こそ、振り返るべきなのではないでしょうか。
だから番匠さんは、和船の記録を残し、技術を公開し、私たちが必要となったときにいつでも昔の生活や技術を知ることができるようにされているのです。
番匠さんのお話をお聞きしていると、それこそが、伝統や技術を伝える本当の意味なのではと思わずにはいられませんでした。

361

〔和船を作ったときの木の破材でミニチュアの模型を作られているそう。今日がこの模型のお披露目で、お祝いのための大漁旗が掲げてあります。〕

417

〔海を眺めて話される番匠さん。その瞳は輝いておられました。〕

木で作られているため、FRPの船よりも柔らかい乗り心地の木造和船。その伝統と文化は形として残り、技術も時代とともに新しい発展を遂げて、私たちの生活のそばにあります。
「今からの時代、木造船の技術がどう必要かはわかりませんが、何かのときにひも解いて、問題解決に応用してほしい。そして記録されている昔の生活を辿って、今の時代について少し考えてみてほしい。」番匠さんはそうおっしゃっていました。
あなたの身の回りでも、昔の技術が応用されて、現代に繋がっているものを探してみませんか。その技術をたどって、伝統や文化に思いを馳せてみるのも楽しいかもしれません。

 

ライター紹介

tr
タチバナリエコ

兵庫県加西市在住。加西市地域おこし協力隊。地域おこし協力隊として、情報発信を通して地域の人を主役にする活動をしており、今よりもスキルアップしたいと思い参加させていただきました。
文章を書く仕事をしていますが、まだまだなので、もっと地域の魅力を伝えられるようになりたいです。